Pine

ホームパチンコ店にいってみよう

パチンコ店にいってみよう

馴染みのない人にとってはまずお店に入るハードルが高いと思います。
パチンコ店側もそれは認識しており、初心者向けのガイドなどもネットで見れますが、台の使い方やサービスガイドがほとんどです。
もちろん、それが一番大事なことでどう遊ぶかわからないのに入ってまごまごするのも入りづらい理由のひとつなのですが、検索すればそうした情報はでてくるのでここでは省きます。

今回伝えたいこととしては、あまりいろいろ考えすぎずに気軽に利用してみようということです。
パチンコ以外のサービスも充実しているので、1000円使ってつまんなかったら帰ればいいや、くらいの気持ちで入ってもいいんです。
入る理由も、店が見てみたい、芸能人が来てるらしい、漫画コーナー充実しているらしい、空調聞いているところでちょっと休みたい、そんな軽い理由でいいんです。

ダイナム、マルハン、キコーナ、ガイアなど大手のパチンコチェーンであれば、店員も教育されていますし、トラブルの対応にも慣れているので安心です。
行きたいお店を調べるときのポイントとしては、検索サイトで検索するとパチンコユーザー向けのポータルサイトが一番上にくることがほとんどですが、なんの機種が置いてあるのかなどパチンコをやる人用の情報ばかり乗っているのでおすすめしません。
SNSで検索したり、運営会社の公式の店舗情報などをみると禁煙スペースがある、休憩所が充実してることなどの情報が見れるのでそちらを見ましょう。

あなたが今からパチンコ店に行くとします。どう遊ぶのか以外に、「1万円くらいは最低やらないとわからないかな?」「勝てるのかな?」「怖くないかな?」「店員さんに初心者だとばれると馬鹿にされないかな?」などいろいろと気になることがでてきます。
そういった疑問を一旦置いておいて、興味本位で入って店内をぐるっと一周して面白そうならやってみよう、くらいの気持ちで入ってみるのも全然OKです。

業界的には初めての人を呼びたいわけで、入らないよりはとりあえずでも入ってほしいのです。
それで全然合わずに何もせずに帰っても、誰も気づきません。

気軽にはいってみると面白いかも?くらいの気持ちで入ってみてはいかがでしょうといった記事でした。