Pine

ホームパチンコホール運営会社の新卒一年目、どんなことをするのか

パチンコホール運営会社の新卒一年目、どんなことをするのか

お金を貯めたくてパチンコ業界に興味があるけれどパチンコ自体はよくわからない、そんな人のために新卒の仕事について少しだけ触れていきたいと思います。
会社によってもお店によっても違ってくるので参考程度に読んでいただければ幸いです。

 

①とにかく覚えること!
最初のハードルはやはり知識です。パチンコとスロットそれぞれの基本の構造や動作を覚えないといけません。
パチンコ自体に馴染んでいないと、きいたことのない専門用語も多いと思います。

研修制度がしっかりしているところも多いので、研修を活用しながら現場に出る前に覚えることはできる限り覚えましょう。

仕事上、機械の調整やパーツの交換もしますので、機械の内部的な話も含めて覚えていくのでパチンコ自体は知っていても苦労する部分かもしれません。

②接客
店にいるということは当然お客さんと関わることもあります。
負けが込んでいるお客さんだとイライラしていてアタリがきついこともあります。

呼ばれたのに覚え間違いで事態の収拾がつかずトラブルになることもあります。自分の不出来でお客さんに怒られるというのはへこむものですし、自分に厳しい人やプライドの高い人は最初のほうはストレスをためやすいですね。

先輩社員を頼ったり、バイトのスタッフでも自分より長くやっている人には接客のコツをきいたりと、変に意地を張らずに周りを頼って負担をしっかり減らしましょう。

③肉体労働
立ち仕事ということでデスクワークよりは体力を奪うというのはもちろんなんですが、玉運び、台入れ替え、メンテナンスなどなど重いものをもったり細かい作業をしたりといった肉体労働も多く身体への負担もそこそこあります。
ただ最近では玉運びがないところもありますし、分煙しているところもあります。
就活の際には、内定をもらう前に実際に店舗にいってみて、店の雰囲気や店員の仕事をチェックしてみると安心できるかと思います。もし、たとえばたばこが苦手なのに店内が分煙されてない、というときはそれに耐えられるか先に結論をだしましょう。

業界的には労働環境を改善する動きがでてきています。しかしまだまだ昔の慣習が残っているところもあります。就職する会社、配属されるお店によって結構変わってくるので、「パチンコ業界はどうせきつい」ではなく、負担の少ない環境で働けるかをしっかり募集要項などをチェックしてアプローチしましょう。